翻訳を依頼する前の基本情報

満足した翻訳を依頼するための必要情報

ビジネスの翻訳は難しいものです。そんな時の心強い味方が専門の翻訳業者です。

TOP 翻訳会社を選ぶ

翻訳会社についての項目

  1. 翻訳会社を選ぶ
  2. ドイツ語や英語の翻訳
  3. 多様化している翻訳会社
  4. 自分に合った翻訳会社選び
  5. 報告書を翻訳するなら翻訳会社に依頼
  6. 翻訳会社選びは難しい
  7. 翻訳家と翻訳会社の魅力
  8. 翻訳会社で働くことのメリット
  9. 翻訳を依頼する翻訳会社のニーズについて
  10. 翻訳会社を選ぶポイント

翻訳会社を選ぶ

ビジネスで翻訳が必要になったとき、どの翻訳会社を選べばいいのでしょうか?

翻訳を依頼する内容と予算にもよりますが、やはり実績がある業者へ依頼することは必要です。

翻訳といっても、ビジネスでの表現方法や、親近感や少し、やわらかい言葉で表現する必要がある内容など、翻訳する内容によっても違ってきます。

このような、要望に細かく応えられる翻訳業者を探すことが必要です。

そのためにも、しっかりした安心できる翻訳業者がいいですね。

ドイツ語や英語の翻訳

医療分野に関して、最新の技術を得ようとする場合は、英語や日本語なども必須でしたが、ドイツ語の翻訳は重要な分野になります。

最新の医療分野に関する論文は、英語などで発表されますが、ドイツのシーメンスなどの医療分野での最先端の技術を持っている企業がありますので、ドイツ語をベースに他の言語に翻訳されているケースが多くあります。

ですので、最終的に日本語になった場合でも、実際の翻訳と比較すると意味がずれているケースがありますので注意が必要です。

この分野では特に、ドイツ語の文章を読めればメリットが大きいです。

多様化している翻訳会社

翻訳会社を利用するうえで、翻訳してもらいたい文章を渡して翻訳してもらえばいいわけではありません。

個人で翻訳をしてくれる安い料金の所に依頼すればいいのですが、国際化が進み、今後はもっと中身を吟味し、理解して、感情移入できるような文章に訳してくれるような業者で、翻訳精度の高い業者に依頼する方が良いのではないでしょうか。

そう考えると翻訳会社の業務を副業ではなく、専門的に行っている業者に委託するのがベストでしょう。翻訳の仕方というのは人それぞれ違うので判断がしづらいこともありますが、専門の業者に任せるのが一番安心でしょう。

翻訳についての記事

自分に合った翻訳会社選び

翻訳会社を選ぶ際には、周囲の評判やインターネットでの口コミを参考にすると良いでしょう。翻訳会社には医薬から産業、技術といった専門分野や数カ国語に対応してくれるといった、会社ごとに得意とする分野がある為、自分の要望に合った会社を選びたいものです。

翻訳するにあたっては知識と品質の高さが重要です。高い知識があれば高い品質の作品に仕上がるでしょう。また、価格や仕上がりの早さも大事にしたいところです。読み手を意識した読みやすい翻訳を柔軟、丁寧に提供してくれる会社を選んで、納得のいく翻訳をしてもらいましょう。

報告書を翻訳するなら翻訳会社に依頼

グローバル化した現代で、日本の企業でも国際的なやりとりをすることが日常となっています。さまざまな分野の研究者が優れた研究の功績を世界へ発信するとしたとき、それら報告書や資料を翻訳することに膨大な時間と労力を有することがあります。

そこで翻訳会社に依頼することで、そのエネルギーの消費を軽減することができるかもしれません。現在、翻訳会社はそのニーズに合わせて専門とする分野を拡張しています。

自身の専門にあった会社を選択して、成果や功績を発信する担い手を探すことができる現代になってきました。プロの翻訳をうまく利用しながらより良い作業の促進となるでしょう。

メニュー

翻訳を依頼する前の基本情報HOME 自動翻訳 翻訳会社 英語翻訳サービス 英語翻訳 スペイン語翻訳 オンラインでロシア語翻訳 ロシア語翻訳 韓国語翻訳 翻訳サービス

翻訳を依頼する前の基本情報では、多言語対応するための翻訳会社選びから、英語翻訳やスペイン語翻訳、ロシア語翻訳、中国語翻訳、韓国語翻訳といった翻訳に関する情報をご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。

翻訳会社選びは難しい

翻訳会社を選ぶのは難しいものです。
全くわからないので急いで訳してほしいというときはあるものです。

安いところに頼んだらインターネットの自動翻訳よりもひどい文章がきたなど、よく聞く話です。高いお金をかけたからといっていい翻訳ができると限らないのが苦しいところです。

評判のいいところに頼んでも当たった担当の訳がひどいこともあります。日本語と訳してほしい言語の両方ともが普通以上にできないことには、適切な翻訳ができてこないので本当に難しいです。日本語とその言語が十分にできるという資格を持った人のみを採用している翻訳会社をおすすめします。

翻訳家と翻訳会社の魅力

海外ドラマがおもしろくなるか否か、海外の小説がより味わい深いものになるか、それには翻訳の力が強く関わります。

海外の違う風習や習慣、感覚の違いをいかにわかりやすく訳してくれるのは、翻訳家や翻訳会社の力量によるものです。違う国の文化に触れる時に、自分の目で見たり聞いたりするのは、非常によいことです。しかし、より多くの表現能力を持つ人や、会社に委ねるのも一つの方法です。

自分がまだ知らない世界を知ることや、新しい世界の入り口を作ってくれる役割が、翻訳家や翻訳会社にあります。

まだ知らない諸外国の情報をわかりやすく手元に届けてくれる翻訳の力は、とても素晴らしいものです。

大阪や東京の翻訳会社

Accent株式会社

〒100-6208
東京都千代田区丸の内1-11-1
パシフィックセンチュリープレイス8F

東京駅徒歩5分

お台場オフィス
〒135-0064
東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 8F

東京臨海新交通臨海線 船の科学館駅徒歩5分

東京臨海新交通臨海線 テレコムセンター駅徒歩5分

翻訳会社で働くことのメリット

翻訳の仕事というと首都圏、名古屋圏、大阪圏、福岡圏等の大都市圏でないと、出版社や翻訳会社がないため、仕事自体がないのではと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに大都市圏でないと出版社自体がないかもしれませんが、現在はインターネットが発達しているため、地方に住んでいたといても、翻訳の仕事をすることが十分にできます。

大学の外国語系の学科を卒業して、翻訳することができるスキルを持っているが、活かしきれていない方はいるかもしれません。翻訳スキルがある方は、翻訳会社で働いて、せっかく身につけたスキルを活かしてみませんか。

翻訳を依頼する翻訳会社のニーズについて

世の中には翻訳会社に翻訳を依頼するニーズがたくさんあります。

まず、大学などの研究機関では、外国語の論文を提出するのに、翻訳を依頼する場合があります。これにはいくつかの理由があります。

一つ目は、英語以外の言語に自分で翻訳できる人は少ないことがあります。

第二に、研究論文では専門用語が多いので、その分野に精通した翻訳会社が重宝されます。

3つ目に、翻訳にかかる時間を節約して、研究に回す時間を増やしたいという背景もあります。次に、企業などでは、特に契約文書の翻訳には専門家に翻訳依頼する場合が多くありますし、取扱説明書の各国版を作る場合などにも、活用されています。

翻訳会社を選ぶポイント

国内にはさまざまな翻訳会社があります。会社という形態ではなく個人でフリーランスとして行っている方もいます。

翻訳と言っても医療や科学、IT、法律、論文など、ジャンルが幅広くあります。今ではインターネットで翻訳会社を検索できますので、各企業の得意分野や料金、翻訳実績、口コミなどの情報を手軽に集める事ができます。

翻訳の分野に合わせて選んだら、どのくらいの納期や金額になるのか見積もりをしてもらいます。見積もりは無料な所がほとんどで、中には文体などが希望に沿っているかどうか確認できるよう試訳を行っている企業もあります。